32歳独女の漫画感想日記

30代だけど漫画をやめられない女の漫画感想や漫画関連の話題

淡々として、ほのかに優しい「プリンセスメゾン」

マンションのモデルルーム展示会に現れる居酒屋店員の「沼越さん」が主人公。

沼越さんは今は小さな(たぶん築30年とかのぼろい)アパートに住んでいる。

けど、いつかは都心のマンションに住みたいと思って行動している。

そんな沼越さんやモデルルームで働く人たちの話。

 

絵柄とストーリーが非常にマッチしている漫画です。

ベタをあまり使わず線で表現しているところが多く、あっさりめの絵柄なのに凝っていて素朴で可愛い絵柄。キャラの等身が低く丸っこいかんじなのもとてもいい。

ストーリーは全体に淡々とした感じだけどほのかに温かみを感じる。多少のほろ苦さも。

 

登場人物のほとんどが独身女性で、居酒屋店員や派遣社員などキャリアのあるタイプでもない、同棲していた彼氏に振られて一人暮らしをはじめるなど私にとればとても身近に感じるタイプの人ばかり。漫画にはある程度の「共感」を求めている私にはちょうどいい作品でした。

漫画に出てくるアラサーキャラはバリキャリか婚活必死系(またはセクシーお色気お姉さん系)が多く、そのどれにも共感できないのに「これがアラサー女の生態だ!」みたいなノリになっているのにがっかりさせられる事が多いので、こういうタイプのキャラクターがでてくる漫画に増えてほしいです。

 

ああ、それにしても、私も家が欲しい。

シェアハウスや断捨離が流行ったり、服装もでもノームコアが流行ったり、世間は「ものを持たない」方向に移行しているのは感じるのだけど、私は最終的には自分の家が欲しい。小さい中古マンションの一室とかでもいいから。

自分がここにいてもいい、ここにいれば大丈夫という安心感が欲しい。

うん、貯金をがんばろう…